menu

家に住みながら建物を売ることはできますか?

沖縄県で不動産売却するならがじゅまる不動産

沖縄県の不動産売却は【がじゅまる不動産】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎098-851-8369

営業時間:9:00〜18:30

家に住みながら建物を売ることはできますか?

家に住みながら建物を売るコトは可能か?
家に住みながら建物を売るコトは可能か?

皆さんこんにちは!
豊見城にある不動産売買の専門店「がじゅまる不動産」の金城です。


前回は「価格査定の金額は高ければいいのか?」というお話でした。

今回は、「家に住みながら建物を売ること」について書いています。

家に住みながら売るメリット・デメリット


 先日、豊見城市上田に在住のA様から、
「現在住んでいる住宅の売却を検討している」とのご相談がありました。

その際に、「住宅を売る場合には引っ越ししないといけないですか?」
というご質問がありました。


結論からいうと、

そのまま住み続けながらの販売活動が可能です。

引っ越しをして、建物を空っぽにすると、
購入する方が、建物の状態をしっかり確認するコトができますし、
広く見えるメリットもあります。

しかし、売りに出してすぐに売れるとは限りませんので、
成約まで時間がかかってしまうと、その分家賃が嵩んでしまいます。

その為、当社では引っ越さなければならない事情がない限りは、
住み続けた状態で販売するコトをオススメしています。

ちなみに、住み続けながら販売している物件のことを
「居住中物件」といいます。

住みながら販売活動を行う為、
物件のご内覧時には、生活を見られてしまったり、
荷物が多いと狭く感じるというデメリットはあります。

しかし、逆に購入する方が、使い方をイメージしやすい場合もある為、
すぐ成約に至るコトもあります。

成約に至った場合には、契約書に「いつまでに引渡しします」と引渡日を
記載し、それまでに引っ越し先を見つければいいのです。

私のこれまでの経験上、契約から3~4ヵ月後に引渡しというケースが
最も多いです。

些細なコトでも構いません。不動産に関するコトでお悩みでしたら、
お気軽にご相談下さい。

それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

>がじゅまる不動産への売却の相談はコチラ

>がじゅまる不動産への無料査定はコチラ

>不動産売却についてのよくある質問はコチラ

沖縄県の不動産売却は【がじゅまる不動産】へ

〒901-0241 沖縄県豊見城市豊見城574-20 がじゅまるビルヂング1階

宅地建物取引業者免許 沖縄県知事免許(1)第4607号

営業時間:9:00〜18:30

定休日:日曜日 ※日曜日も事前予約にて対応しています。